交流分析士資格取得講座・認定試験 特定非営利活動法人(NPO法人)日本交流分析協会北陸支部 Japan Transactional Analysis Association Hokuriku

日本交流分析協会北陸支部 富山 石川 福井

交流分析士資格取得講座・認定試験

「交流分析士」はNPO法人日本交流分析協会の登録商標であり、心理支援家資格として評価されています。当支部では「交流分析士2級」「交流分析士1級」「交流分析士インストラクター」の資格取得のための養成講座および認定試験を実施しています。

交流分析士2級講座

交流分析士2級講座は、交流分析を初めて学ぶ方対象です。
基礎理論を40時間のワークショップ形式で学びます。2級講座修了後、2級認定試験に合格し、資格登録を行うことにより、「交流分析士2級」の資格が取得できます。
交流分析士2級は上級会員として交流分析による自己理解、自己成長、他者理解の気づきにより、人間関係改善などに日常生活の中で活かすことを目指しています。

北陸支部または TAカレッジ で講座を開催しています。

TAカレッジへはこちら

交流分析士1級講座

交流分析士1級講座は、交流分析士2級資格を有している方が対象です。
応用理論を42時間のワークショップ形式で学びます。

交流分析士1級は、上級会員として生活の各場面(家庭、学校、職場等)で実践・活用できることを目指しています。

北陸支部または TAカレッジ で講座開催しています。
1級講座修了後、1級認定試験に合格し、資格登録を行うことにより、「交流分析士1級」の資格が取得できます。

交流分析士1級資格は、交流分析士2級講座の講師になれる「交流分析士インストラクター」の受験資格になります。

TAカレッジへはこちら

交流分析士インストラクター養成講座

交流分析士インストラクターは指導会員として、「交流分析士2級」の講座実施・指導普及を目指したい方が対象です。
この資格は「交流分析士1級」を取得された方が理論と実技指導の「インストラクター養成講座」を受講後、試験に合格して認定されます。

現在、協会では「インストラクター養成講座」の受講に当たり、「インストラクター養成講座受講資格試験(合格後1年半有効)」を無料で実施し、上級資格がより効果的に取得できるよう配慮しています。同試験は交流分析の基礎理論の理解度を確認する試験で、1級を取得し半年経過すれば受験できます。
「交流分析士インストラクター」を取得し、指導経験を積まれた方は協会認定の学習拠点である「TAカレッジ」の講師を担当できる道も開かれています。

インストラクター養成講座はこちら

年間スケジュールはこちら

各交流分析士資格認定試験

交流分析士Ⓡは、日本交流分析協会が認定する資格で、2級、1級、インストラクター、准教授、教授の5段階があります。当支部では2級、1級、インストラクターの認定試験を実施します。
各認定試験の受験資格は以下のとおりです。試験日程は年間スケジュールをご確認ください。

交流分析士2級認定試験受験資格

1)本協会会員であり、会員としての義務を果たし、会員たるにふさわしい人。

2)本協会指導会員のもとで「交流分析士2級テキスト」を用い40時間以上の研修を受講修了した人。

交流分析士1級認定試験受験資格

1)本協会会員であり、会員としての義務を果たし、会員たるにふさわしい人。

2)交流分析士2級を取得後6ヶ月以上経過し、かつ協会の教授、准教授のもとで「交流分析士1級テキスト」を用い42時間以上の研修を受講修了した人

交流分析士インストラクター受験資格

1)交流分析士1級の資格を取得している人。

2)インストラクター受講資格試験に合格している人。

3)インストラクター養成講座を受講修了した人。

Copyright (C) 日本交流分析協会北陸支部 All Rights Reserved.